住宅会社 PR

【アイフルホームはやめたほうがいい?】理由を住宅業界人が解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『よりよい家を』『より多くの人に』『より合理的に』という考えの元、家づくりをしているアイフルホーム。

LIXILのグループ会社が運営するフランチャイズシステムの住宅会社ということもあり、仕入れ価格を抑えてローコストで住宅を提供できるという強みがあります。

しかし『安物買いの銭失い』という言葉があるように、『安いからには何か欠点があるのでは?』という声が多いことも事実。

そこでこの記事では

  • アイフルホームが安い理由
  • アイフルホームのメリット、デメリット
  • アイフルホームの評判、口コミ

を解説し、アイフルホームはやめたほうがいいのか、プロ目線で解説します。

りょう

本業で住宅営業をしている私が丁寧に解説します!

リアルな声を先に聞きたい場合は→コチラ

住宅会社の一括資料請求サービスはタウンライフがオススメ!840社以上の会社から、気になる住宅会社の資料を取り寄せできます!

\無料・3分で完了/

タウンライフの提携社

アイフルホームの会社概要【フランチャイズ】

アイフルホームの会社概要は下記の通り。

社名株式会社LIXIL住宅研究所
所在地〒136-8535 東京都江東区大島2-1-1(本社)
設立2002年
資本金1億円 (2022年4月現在)
従業員数208名 (2022年4月現在)
売上高243億円 (2021年3月期)
坪単価45万円〜75万円

アイフルホームはフランチャイズチェーンなので、運営している会社である『株式会社LIXIL住宅研究所』の情報を記載しました。

株式会社LIXIL住宅研究所はLIXILのグループ会社なので、基盤としては規模が大きいことが特徴。

しかしながらフランチャイズということで、エリアにより施工する住宅会社が違います。

実際には地域のフランチャイズ加盟店の会社情報を調査する必要がありますね。

アイフルホームが安い理由は2つ

ローコスト住宅には『安かろう悪かろう』なイメージがあるかもしれませんが、アイフルホームの場合は安い根拠があります。

2つ紹介します。

フランチャイズシステムである

例として、大手ハウスメーカーは下請け業者に工事をさせます。

すると下請け業者を管理する費用がかかるため、自社で施工するより間違いなく建築費用が上がります。

一方アイフルホームはフランチャイズなので、地域の工務店がアイフルホームの看板を掲げ、自社で工事をしています。

もちろんフランチャイズ加盟のための入会金や手数料は必要ですが、それを込みにしても下請け業者を利用するよりは安く抑えられます。

リクシル製品で建築している

アイフルホームはLIXILグループがフランチャイズ運営をしているため、LIXIL製品をかなり安く仕入れることができます。

実際、アイフルホームはサッシ、キッチンなどの設備機器、床材、外壁などほとんどの材料がLIXIL製品。

仕入れ価格が他社と比較して圧倒的に安いため、その分ローコストで家を建てることができます。

アイフルホームのメリット3つ

ここでは、アイフルホームのメリットを3つ紹介します。

フランチャイズ

大手は質が良いと思っている人は一定数いますが、一概にそうとは言えません。

プロの感覚から言うと、技術力の順番は

意識の高い工務店>大手ハウスメーカー>意識の低い工務店

という順序であることが一般的です。

地元工務店は下請けではなく自社の大工さんを育てているので、技術力が高いんですよね。

フランチャイズ運営は、技術力の高い地元工務店に施工してもらえるというメリットを生かした運営です。

性能が高い

大手ハウスメーカーや質の低い地元工務店は、気密性(C値)の低い会社がほとんどです。

気密性が低いと外気温が家に入ってくるため、家の中が快適ではありません。

一方アイフルホームは、気密性にも力をいれています。

空調の効きや換気効率にも関わる気密性を保つことができるのはやはり、技術力の高い職人さんがいるおかげです。

快適な生活が期待できるでしょう。

こども目線の家づくり

ドアで指を挟みにくい構造

段差でこけにくいバリアフリーな作り

踏み台付き洗面台

など、子どもの家庭内事故を防ぐ家づくりを心がけています。

子どもだけでなく、親を含めみんなが安心して生活できる家づくりです。

アイフルホームのデメリット3つ

ここでは、アイフルホームのデメリットを3つ紹介します。

LIXIL製品以外は仕入れ価格が高い

アイフルホームが安い理由は、安く仕入れられるLIXIL製品を利用しているからです。panasonicやYkkAP、WOODONEなどLIXIL以外の製品を採用するとむしろ他社より割高になります。

こだわりがあるなら、他の会社を選択肢に含むべきです。

完全注文住宅を建てる場合は安くない

アイフルホームでは規格化プランが用意されています。

いろんなプランが用意されていて、その中から選択すればかなりコスパの高い家を手に入れることができます。

しかし、完全注文住宅になるとお得感は少し下がる印象。

こだわりが強いなら、他の会社も比較検討するほうが良いです。

エリアによって技術力にバラつきがある

アイフルホームはエリアごとに地場の工務店が手掛けるため、厳密には全国どこでも同じ会社が施工しているわけではありません。

基本的な技術力は高いですが、エリアによる技術力の差はあります。

参考に、『すごい家』というアイフルホームの中でも一番グレードの高い商品は、施工可能エリアが限られています。

口コミ・評判

ここではアイフルホームのリアルな口コミをTwitterから拝借します。

良い口コミ、悪い口コミ、どちらも紹介しています。

低コストなのに腕利きの職人さん

一般的に、地域の工務店は施工技術が高い傾向にあります。

地域の工務店にフランチャイズ加盟してもらっているアイフルホームは、腕利きの職人さんがいる可能性が高いです。

低コストで高性能

アイフルホームはただ低コストに力を入れているわけではなく、住宅の性能にも力を入れています。

大手ハウスメーカーは高性能住宅となると弱い傾向がありますが、アイフルホームは地元工務店と繋がることにより低コストで高性能を実現させています。

水回り商品が安い

床材や窓がLIXILであることはもちろん、トイレやキッチンもLIXILです。家の材料の大半が仕入れ単価の安いLIXIL製品のため、お客様に対しても低コストを実現できます。

いきなり点検に来る

急に点検に来るって、業界人の私からするとありえないです。

一般的には、事前に日時調整の相談をして訪問します。

エリアによると思いますので、契約前に下調べをしっかりした方が良いでしょう。

点検に来ない

そもそも点検に来ないというパターン。

家は建てた後の方が長い付き合いになります。

点検に来ないような会社は最悪なので、自分が住んでいるアイフルホームは大丈夫か、しっかり調べる必要があります。

施工会社の技術が低かった

https://twitter.com/1gray_eye/status/1049878051356577793?s=46&t=yTVLlg32xh0MxJ-axdczbg

アイフルホームは地場の工務店がフランチャイズ加盟しているので、基本的には技術力は高いです。

ただ、あくまでも基本的な話。

中には、施工技術が伴っていないエリアもあるようです。

繰り返しですが、自分が住んでいるエリアのアイフルホームの口コミを調べてよく知る必要があります。

アイフルホームはやめたほうがいい?

最後にアイフルホームがオススメな人と、アイフルホームはやめたほうがいい人をまとめました。

アイフルホームがオススメな人

アイフルホームがオススメな人
  • LIXIL製品で問題ない人
  • こだわりが強くない人
  • 質が高く安い家を建てたい人

LIXIL製品は決して低グレードな製品というわけではありません。むしろ信頼性が高い製品です。

このことを踏まえると、コスパを重視する方には胸を張ってオススメできるハウスメーカーです。

アイフルホームはやめたほうがいい人

アイフルホームはやめたほうがいい人
  • LIXIL以外の製品を多く使用したい人
  • 間取りや家の雰囲気に強いこだわりがある人
  • 絶対にTOTOのキッチンを採用したい
  • 0から設計する注文住宅を建てたい

という強いこだわりがある人は、アイフルホームでは理想の家が建てられない可能性があります。

他の会社も検討することをオススメします。

アイフルホームを他社と比較したい場合は資料請求がオススメ

  • アイフルホームと他社を比較したい
  • アイフルホームについてさらに詳しく知りたい

こんな場合は、資料請求することをオススメします。

届くカタログにはアイフルホームの家づくりに対する考え方や、どんな家を建てているかが詳しく記載されており、詳しく知ることができます。

また、一度の情報入力で複数の住宅会社の資料をまとめて請求できるため、他社比較することに役立ちます。

下記のタウンライフというサービスであればアイフルホームの資料を請求することができるので、是非活用してみてください。

タウンライフ家づくりは

\840社以上が登録/

タウンライフの提携社

\無料・3分で完了/